Heng Chun
 

ディスカバー恆春〔墾丁〕

Heng Chun Peninsula

墾丁 推薦

Villa 墾丁 民宿 住宿

墾丁

は恒春半島の南端にあり屏東県に従属している台湾の最南端に位置します。気候があたたかいため、昔ここは胡蝶蘭が至る所に観られ、恒春と古名の“琅山道”、湾の族語の“蘭”の音訳に並びます。恒春半島はボタンの社事件が発生して、沈葆楨はそこで朝廷にここで城壁を築くように奏請して、そして琅山道で県を設けて、屏東で1番早い県の管轄区域です。ここの気候はあたたかいため、年中春のようで、沈葆楨はそれを“恒春”に改名します。
毎年9月~次の年3月約束して、大陸からの季節風は高くそびえている中央の山脈に沿って急速に海洋に吹いて、風向きの力が強いことから「落山風」と呼ばれています。日光が十分でそのうえ強い風が吹くため、タマネギの生産に向いており多くの農家で玉ねぎの栽培をしています。それ以外に恒春は1901年に瓊麻を導入し、それによって荒縄、麻袋などの生活用品を造って、日本統治時代には経済の重要な位置を占めていました。 墾丁は熱帯性気候に位置して、南方の海岸はサンゴ礁の地形があって、自然生態を足して豊かにして、1982年台湾の最初の国家公園-墾丁国家公園が誕生しました。